スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2007年06月18日Mon [06:51] ビタミン(Vitamin)  

ビタミン

ビタミン

<脂溶性ビタミン>
ビタミンA:皮膚や眼の健康維持。目の潤いを保持 活性酸素を除去

ビタミンD:カルシウムの吸収、筋肉の収縮を助け、痙攣などを防ぐ

ビタミンE:肌荒れ、老化予防、抗酸化作用、活性酸素を除去。肩こり、冷え予防、血液をサラサラにする

ビタミンK:止血作用。骨の石灰化を助ける

<水溶性ビタミン>
ビタミンB1:疲労の回復 ニキビ、口内炎予防

ビタミンB2:お肌の健康保持 ニキビ、口内炎予防。脂っぽい皮膚の抑制

ビタミンB6:中枢神経の働きを維持

ビタミンB12:赤血球の生成を助け、貧血を予防 腰痛・肩こりを緩和

ビタミンC:コラーゲンの生成を助けハリのある肌を保持 シミ・ソバカス予防 ストレス解消、風邪予防活性酸素を除去

ナイアシン:アセトアルデヒドを分解し二日酔い予防・緩和

パントテン酸:ストレスへの抵抗力を高める。ビタミンCの働きを助け、お肌の健康保持

ビオチン:アトピー性皮膚炎を緩和。お肌や髪を健康保持

葉酸:赤血球の生成を助け、貧血を予防
||ブログランキング・にほんブログ村へ|ブログランキング|ブログランキング|

スポンサーサイト

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年09月29日Fri [23:23] ビタミン(Vitamin)  

ビタミン(Vitamin)

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑

こんなことないですか?

貧血気味である。
貧血といわれた。

手足がしびれる。

生理不順がある。
無月経。

【ビタミンB12/シアノコバラミン】

水溶性ビタミン

《働き(機能)》
DNAの合成に必要(葉酸と共に)。
細胞の核成熟に必要。
核酸合成に関与。
種々の補酵素成分として働く。

月経周期の安定に関与。
造血機能に必要。

神経系の障害予防。

《多く含む食品》
動物性の食品、ミルク、チーズ、タマゴ、肉類、牛肝臓、牛腎臓

注:
他のビタミン類と異なり、植物には含まれない。
純粋な食餌性のビタミンB12欠乏は稀で、厳格な菜食主義者に見られるにすぎない。
吸収には胃液成分の内因子(intrinsic factor;IF)が必要。
ビタミンB群として、何種類かまとめて摂取したほうがよい。
B群の協同作用。

《ビタミンB12欠乏》
悪性貧血、巨赤芽球性貧血、神経系障害(連合神経症)、ニューロンの機能不全、胃腸管の上皮細胞変質、舌炎、しびれ、無月経および非特異的神経症状、肝障害
減少:
腸管の吸収障害・吸収不良、
注:
神経障害は貧血発症以前に生じることある。
日常食餌に十分含まれており、食餌性ビタミンB12欠乏は極めてまれで、多くの場合は腸管の吸収障害が原因。
胃の全摘手術をすると内因子(IF)を完全に欠くため吸収されず欠乏症状が出る。

《ビタミンB12過剰》
水溶性であり、通常の目安量により摂取する分には、特に健康被害や副作用は認められない。

注:
一部医薬品と相互作用の可能性が認められるため、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、利用すること。

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

身体の内部からお肌を美しく!

”発掘!あるある大事典Ⅱ”
6/4(日)で放送されました。 いつもたいへん勉強になりますね!
堺さんは他にも、良い番組の司会してますよね。

【カロテノイド】

老けないお肌を造るには・・・

二の腕は日が当たらず若々しい!!

シミ、ソバカス、シワの原因である紫外線による活性酸素。

ビタミンC、ビタミンEは紫外線などにより発生する活性酸素を消去。
ビタミンCはコラーゲン合成に必要不可欠。

一重項酸素:
通常の活性酸素とはまったく異なる活性酸素で、紫外線を浴びたときだけ肌の細胞で発生し健康な肌の細胞を酸化させ傷つける。

反応性がとても高く発生とほぼ同時に細胞を傷つけるため、ビタミンC・Eはほとんど効果がない。しかし他から発生する活性酸素を消去するため、必要不可欠なビタミンである。

一重項酸素は肌の細胞と細胞膜でも発生し、お肌に2つのダメージを与える。

【カロテノイド(Carotenoid)】

《働き(機能)》
一重項酸素に対し高い抗酸化力を発揮し消去。
細胞内に1~2日程度留まり効果発揮。
肌の細胞内で待ち受け一重項酸素を直ちに消去。
植物などの色素成分で強力な抗酸化作用。
熱帯の植物や熱帯魚の色が艶やかなのは、カルテノイドで紫外線から防御している。
熱帯魚は植物性プランクトンからカルテノイド摂取。
植物だけが生成できる。

《多く含む食品》
スイカ、トマト:リコピン
キャベツ:ゼアキサンチン、ルテイン
ニンジン:αカロテン、βカロテン、
葉ショウガ:βカロテン
鮭:ヘマトコッカスカロテノイド
ホウレン草:ゼアキサンチン、ルテイン、βカロテン

細胞膜で働くカロテノイド:αカロテン、βカロテン、リコピン
<トマト、スイカ、キャベツ、葉ショウガ>

細部の中で働くカロテノイド:ゼアキサンチン、ルテイン、ヘマトコッカスカロテノイド
<鮭、キャベツ>

ホウレン草だけ両方に効果があるカルテノイドを含む。

細胞膜、細胞の中の両方で働くカロテノイドを摂取する必要がある。

一日に各5mgずつ摂取するとよい。
細胞膜で働くカロテノイド
トマト:3/4個
スイカ:1/20個
ニンジン:1/4本

細部の中で働くカロテノイド
鮭:2.5切れ
キャベツ:50g

ホウレン草:1/4把(小鉢1つ分)
カボチャ:1/13個でも良い。(煮物で二切れ)

カルテノイドは熱に強く調理しやすい。
夕食に食べるのが効果的でお昼頃に身体に行き渡る。

”発掘!あるある大事典Ⅱ”より

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:1 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年06月18日Sun [12:15] ビタミン(Vitamin)  

β-カロテン(β-Carotene)

こんなことないですか?

肌が乾燥しやすい
日焼けしやすい
シミがよくできる
ストレスが多い、いつも感じる
たばこを吸う
濃い緑色野菜を食べない、野菜が嫌い
ニンジン、ピーマンが嫌い

(肌荒れ、ニキビ・吹き出物がよくできる)
(口内炎がよくできる)
(風邪をよくひく、のどがよく痛くなる)
(暗闇で見えにくい、ドライアイ)

【β-カロテン(β-カロチン)(β-Carotene)】

(プロビタミンA(ProvitaminA)、カロテン、カロテノイド)
α-,β-,γ-カロテンがある
β-カロテンはカルテノイドの中でビタミンA活性が最も高い

β-カロテン

ビタミンA1アルデヒド
(レチナ-ル)

ビタミンA1
(レチノール,ビタミンAアルコール)

脂溶性ビタミン

《働き(機能)》
紫外線などにより表皮に発生した活性酸素(一重項酸素)の除去
肌の老化防止
ストレスでβ-カロテンは減少する

皮膚健康維持。
活性酸素を除去。
皮膚・粘膜の維持。

眼の健康維持。
目の潤いを保持。

免疫・生殖機能に関与。
上皮組織の維持。
(不足すると上皮の分泌機能が、低下し乾燥しケラチン化する。そのことで感染性微生物に対する抵抗性の低下)

《多く含む食品》
<プロビタミンA(β-カロテン)>
有色野菜(黄色が多い):サツマイモ、ニンジン、カボチャ、ホウレン草、春菊、モロヘイヤ、赤パプリカ、小松菜、

果実:パパイヤ、トマト、杏子、桃、マンゴー、スイカ、ミカン

β-カロテンはニンジン色(オレンジ色)

注:
油で炒めると吸収率が約50%上昇する。ドレッシングやマヨネーズをかけるだけども効果有り。
ビタミンEと一緒に摂取するとビタミンEが
・β-カロテンの吸収率アップ
・活性酸素に対してともに戦う
・β-カロテンを復活させる

<ビタミンA>
動物性食物:肝臓、肝油、ミルク、バター、卵、ある種の魚(魚油)
(牛レバー、豚レバー、鶏レバー、ウナギの肝、レバーペースト、アンコウの肝など)

《ビタミンA欠乏》
ビタミンA不足でβ-カロテンが変化し補う

眼乾燥症、角膜乾燥症、夜盲症
皮膚炎、
摂取が不足するだけなく、腸管の吸収不全や肝疾患ではプロビタミンAの転換不全などある。
肝臓からのビタミンAの動員に亜鉛が必要で、肝硬変患者は血中亜鉛濃度が低下している。
脂溶性ビタミンであるため、胆汁液欠乏など脂肪吸収に欠陥があると、すべての脂溶性ビタミンの吸収が悪くなり欠乏が生じやすい。

《ビタミンA過剰》
β-カロテンはビタミンA過剰でビタミンAへの変化量を調整
β-カロテンは過剰症を生じない

《ビタミンA過剰》
乳児・小児に過剰症が生じやすい。関節痛、長管骨の骨膜肥厚、脱毛
成人は乳児・小児と同様症状と脱力、脱毛、発疹、頭痛、めまい、吐き気、下痢、食欲不振、筋肉硬直、骨痛、肝脾腫、うっ血乳頭など

注:
一部医薬品と相互作用の可能性があるため、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、利用すること。

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

こんなことないですか?

よく筋肉痛になる。
いつも肩がこってる。
翌日に疲れが残る。
運動をほとんどしない。
ストレスをいつも感じる。
お酒をよく飲む。
甘いものに目がない。
菜食主義である。

【ビタミンB1/チアミン】

水溶性ビタミン

《働き(機能)》
糖代謝の促進。
神経機能維持。
エネルギー産生過程の補酵素として作用。
乳酸処理に関与。
アルコール分解に関与。
末梢神経炎・慢性心不全・アルコール性中毒に効果。
ストレスで大量消費。
夏バテ防止に効果。


《多く含む食品》
酵母、豚肉、牛乳、乳製品、ウナギ、植物の種子や穀類の皮、胚芽、玄米、精白しない麦、豆類、調理していない穀物、肝臓

注:
ビタミンB群として、何種類かまとめて摂取したほうがよい。
アリシン系成分多く含む食品と一緒に摂取すると効果が増す。
アリシン系食材:ニンニク、ニラ、タマネギ

《ビタミンB1欠乏》
脚気、多発性神経炎、アルコール性神経炎、妊娠・ペラグラの神経炎、
体重減少し、神経炎を起こし、中枢神経が侵される。
エネルギー消費が進まず、脂肪として溜まる。
日本人の多数が不足気味。

注:
粗食の人に限らず、器質的疾患患者にも現われやすい。
抗炭水化物食(米食)を主食とする民族に欠乏しやすい。

《ビタミンB1過剰》
通常の目安量により摂取する分には、特に健康被害や副作用は認められない。

注:一部医薬品と相互作用の可能性があるため、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、利用すること。

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

こんなことないですか?

口内炎によくなる。
ニキビ、吹き出物がよくできる。
鼻の周りの油が、多く感じる。
そんなに食べないのに太る。
揚げ物が好物。
青魚が嫌い。
レバーが嫌い、食べない。

【ビタミンB2/リボフラビン】

水溶性ビタミン

《働き(機能)》
細胞の成長・再生を促進。
脂肪代謝に大きく関与(ビタミンB1は糖質代謝に関与)。
皮膚の機能維持。
口腔粘膜の機能維持。


《多く含む食品》
牛乳、乳製品、卵、肝臓、レバー類(牛レバー、鶏レバー、豚レバー)、肉類、ウナギ、酵母、多くの野菜、玄米、胚芽、カラス麦・小麦・トウモロコシは発芽の時期に増加、青魚(サンマ、サバ、イワシ)
、サバ缶詰、イワシ缶詰

比較的に熱に対して安定。

注:
ビタミンB群として、何種類かまとめて摂取したほうがよい。
パントテン酸(同じビタミンB群)と一緒に摂取することで脂質分解を促進。
青魚の脂の乗った部分に多く、皮まで食べると良い。
ミルク中のビタミンB2は殺菌、瓶詰過程で光線にさらされたり、紫外線照射(ビタミンD含量を増加させるために照射)により著しく減少する。
普通の調理法では影響受けない。
あぶる、とろとろ煮る、ぐらぐら煮たりした肉はビタミンB2の70~85%が残存し、残りは汁の中に存在する。

《ビタミンB2欠乏》
皮膚炎、口唇障害、口唇炎(繊細な粘膜に出現する)、口角の亀裂(口角症)、特殊な舌炎(mazenta舌)、顔面の局所性脂漏性皮膚炎、ある種の眼球機能・器質障害

注:
ビタミンB2単独欠乏では発症せず、種々条件が加わった結果により発症する。別の種類の栄養素欠乏との合併が多い。


《ビタミンB2過剰》
水溶性であり通常の目安量を摂取する分には、特に健康被害や副作用は認められない。

ビタミンB2結晶はオレンジ色で、ビタミン剤を補給したときに、尿の色が黄色くなる主な原因。

注:一部医薬品と相互作用の可能性があるため、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、利用すること。

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:1 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

こんなことないですか?

ニキビ、吹き出物がよくできる。
肌がよく荒れる。
口内炎ができる。
イライラする。
寝付きが悪い。
便秘のことが多い。
下痢をよくする。
青魚が嫌い。

【ビタミンB6/ピリドキシン】

水溶性ビタミン

《働き(機能)》
タンパク質をアミノ酸に分解。
粘膜の合成に関与。
タンパク質の分解と合成に関与。
細胞へのアミノ酸輸送に関与。
他の成分とともに粘膜、筋肉、骨、ホルモン、毛髪など合成に関与。

タンパク質・脂質代謝に関与。
不飽和脂肪酸とコレステロールの代謝に関与。

胎児の成長に関与。
頭痛や生理のときの症状改善に働く。
月経前症候群(PMS)の症状改善。

中枢神経代謝に関与。
神経伝達物質(ギャバ)の合成に関与。
神経組織の維持。

抗体産生に関与。
腸内細菌により合成される。
腸管からのアミノ酸吸収に関与。

ビタミンB6とナイアシン(玄米、青魚):肌の維持。
ビタミンB6とビオチン(青魚):抜け毛の防止、白髪の防止。

《多く含む食品》
玄米、酵母、胚芽、ある種の穀類、小麦、トウモロコシ、肝臓、豆類、大豆、ごま、サケ、バナナ、青魚、サバ、サンマ、イワシ、アジ、青魚の缶詰、牛乳、卵、野菜

注:
ビタミンB群として、何種類かまとめて摂取したほうがよい。
B群の協同作用。

《ビタミンB6欠乏》
皮膚炎、成長障害、低色素性小球性貧血(血清鉄高値)、ホモシスチン尿症、

減少:
吸収不良、アルコール中毒、妊娠、経口避妊薬の服用、抗結核剤(INH)の大量摂取で減少し神経炎・神経障害

幼児:
てんかん様発作、被刺激性亢進、胃腸障害、驚愕反応増加、痙攣発作

注:
日常食餌に十分含まれており、腸内細菌により合成されている。


《ビタミンB6過剰》
水溶性であり、通常の目安量により摂取する分には、特に健康被害や副作用は認められない。

注:
一部医薬品と相互作用の可能性が認められるため、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、利用すること。

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。