スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

ネロリ (オレンジブロッサム:オレンジ花)
Neroli (Orange Blossom:Orange Flower)
学名:Citrus vulgaris / C. bigaradia
C. aurantium var. amara


フローラル(フラワー)系
ミカン科
花より抽出

《香り》
最高に美しい香り
優美な香り
繊細な香り
ソフトな香り
華やか香り
温もりのある香り

フローラル調の香り
爽やかな香り
独特の素晴らしい芳香
子供のころに親しんでいた香り
懐かしいと感じの香り
豊かな香り
軽い感じの香り
甘い香り
テルペン調の香り
爽やかな明るさとフローラルの優美さを備える

オレンジ フローラル ウォーター:
エッセシャルオイル蒸留のときに取れる
エッセンシャルオイル同様にスキンケアや香水に使われる

ビターオレンジ:
Citrus vulgarisやC. bigaradia(セビリアオレンジ)
スウィートオレンジ:
C. aurantium var. amara

ネロリ・ビガラート:
オレンジ・ビター(Citrus aurantium v. amara)の花から抽出される
ネロリの中で最上級のエッセシャルオイル

オレンジ・ビター:
ビターオレンジの果皮から抽出、光毒性有り
(刺激性が強いためほとんど販売されていない)
ネロリ・ポルトガル、ネロリ・ペタレ:
スウィートオレンジ C. aurantium var. amaraの花から抽出

ネロリ:
レモン、マンダリン、オレンジ・スウィートなど柑橘系の花から抽出されるものを総称してネロリと呼ばれることがある
(他の「ネロリ」は、香りや特性ともにネロリ・ビガラードよりも劣る)
レモンやマンダリンなどの花から採れるネロリオイルもある

プチグレン:
ビターオレンジの葉や枝より抽出

《精神面》
感情の起伏症状や精神的な症状
神経性の緊張や情緒不安定
ショックやストレス症状、不眠症
不安やうつ症状
交感神経を鎮静させる

柔らかでうっとりする
至福の気分にする
幸福感をもたらす
深いリラックスへ導く
安眠を促す作用
寝室にアロマランプで、贅沢なときを与えてくれる

不安の改善
気分の落ち込みを改善
精神的ショックに良い
ヒステリーなどを落ち着ける
あらゆるネガティブな心的状態を改善
不安と緊張を鎮める効果も高い
試験やプレゼンテーションのときに心を落ち着けプレッシャーを抑える

寝室の香りに良い
不安や心配事から夜寝付けないときの助けになる

《身体面》
腹部の膨満感や神経性の消化不良、慢性の下痢
心臓の動悸や息切れ、循環不全
痙攣、疝痛

《皮膚とお肌》
乾燥肌や敏感肌、老化肌、壮年肌
キャリアオイルでのフェイシャルマッサージがおすすめ

傷やしわ、血色や顔色を良くする
妊娠線や糸状静脈
皮膚細胞の更新を促進

《作用》
抗うつ作用や刺激作用(神経系)、鎮静作用、催眠作用
消毒作用や殺菌作用、殺真菌作用、消臭作用
瘢痕形成作用や細胞成長促進作用、皮膚軟化作用
鎮痙作用や駆風作用
強心作用や強壮作用(心臓・循環器系)
消化促進作用
催淫作用

就寝前のアロマバス:
スキンケア効果、安眠を促す
お肌に大切な深い睡眠に入る準備をさせる

寝室の香りに良い
不安や心配事から夜寝付けないときの助けになる

《女性》
月経前緊張症
月経前や更年期のイライラや不安に有効
(ゼラニウムなどと共に)

《男性》
性的障害

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
ほとんど総べてのエッセンシャルオイルと相性が良い
シトラス系のエッセンシャルオイルとも相性が良い
カモミール
ローズ
ジャスミン
クラリーセージ
ラベンダー
ゼラニウム
レモン
ベンゾイン(安息香)
イランイラン
コリアンダー
など

《成分》
リナロール :約34%
リモネン  :約15%
酢酸リナリル:6~17%
ネロール
アントラニル酸メチル
ピネン
ネロリドール
ゲラニオール
インドール
シトラール
ジャスモン
など

《注意》
特にない
柑橘系の植物から採れるが光毒性はない
日中でもマッサージに使用できる

オレンジ・ビター:ビターオレンジの果皮から抽出され光毒性有り
(刺激性が強いためほとんど販売されていない)

《歴史》
17世紀のイタリア
ネロラ公国(Nerole)の公妃だったアンナ・マリアが愛用したことからネロリの名称の由来
香水や手袋、沐浴などに使った

オレンジの花:
古くから色々な使われ方をしている
結婚式で花嫁のブーケや花冠に使われた
花は純潔を象徴

中国
古くから入浴時の芳香剤として使用
アロメディカ エッセンシャルオイル ネロリ(1%)アロメディカ エッセンシャルオイル ネロリ(1%)生活の木 ネロリエッセンシャルオイル(チュニジア産) 1ml生活の木 ネロリエッセンシャルオイル(チュニジア産) 1ml
天の香り ネロリbio天の香り ネロリbioPalm Tree ネロリ 1mlPalm Tree ネロリ 1ml
カリス 2mlオイル ネロリカリス 2mlオイル ネロリ生活の木 ネロリエッセンシャルオイル(チュニジア産) 3ml生活の木 ネロリエッセンシャルオイル(チュニジア産) 3ml
ニールズヤード ネロリ 2.5mlニールズヤード ネロリ 2.5mlLANDEL ネロリ 3mlLANDEL ネロリ 3ml
マギーティスランド ネロリ(オレンジ花)マギーティスランド ネロリ(オレンジ花)GAIA ネロリ 3mlGAIA ネロリ 3ml
メドウズ ネロリ 5mlメドウズ ネロリ 5mlプリヴェイル エッセンシャルオイル ネロリAbs. 2mlプリヴェイル エッセンシャルオイル ネロリAbs. 2ml
GAIA ネロリ 5mlGAIA ネロリ 5mlプラナロム ネロリ 5mlプラナロム ネロリ 5ml
カルペパー エッセンシャルオイル ネロリ 2.5mlカルペパー エッセンシャルオイル ネロリ 2.5mlヴィ・アローム エッセンシャルオイル・ネロリ 2mlヴィ・アローム エッセンシャルオイル・ネロリ 2ml





ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング
スポンサーサイト

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

あろまてらぴー:ローズ (キャベッジ) Rose (Cabbage Rose)
French Rose / Provence Rose / Moroccan Rose
学名: Rosa centifolia


フローラル系
バラ科

新鮮な摘みたての花弁より抽出
オットー Rose Otto:水蒸気蒸留法
アブソリュート Rose Absolute:溶剤抽出法

《香り》
オットー:淡い黄色
甘い香り
フローラル調の香り
粘り気のある香り

アブソリュート:赤みのオレンジ
豊かな香り
深い香り
フローラル調の香り
甘い香り
スパイス調の香り
ハチミツ様の香り

フローラル系や花系のエッセンシャルオイルは濃厚な香りが多い
ローズもとても濃厚な香り
エッセンシャルオイルを直接香ると、スパイシーさを含み甘さが強く薔薇の香りとは思えない感じがする
バラの花も、かなり濃い香りでエッセンシャルオイルの濃厚さが、少し苦手と感じる方もおられるかも

お風呂や香水、ローションなどで使うと薔薇の良い香りがする
香りは素晴らしく、ほんの僅かで存在感がある

エッセンシャルオイルの中で最も高価
1滴/300円のものもある
このオイル一本で化粧品や女性のお悩みに強い味方となる
女性へのプレゼントに良い

ローズの栽培品種は1万種以上ある
ローズエッセンシャルオイルの品種は、園芸種のバラとは異なる原種に近い種類

薔薇のエッセンシャルオイルは「女性のためのオイル」と言われる
お肌や女性の身体特有の症状に
心にも強く働きかけるエッセンシャルオイル

男性用香水:50%弱
女性用香水:98%
ローズオイルが使われているようですが、主に合成品が使われている

化粧品の原価はかなり安価で、原価の15~20倍となっているよう
ローズのエッセンシャルオイルで香水を作られるのでしたら、
質、価値ともに高い、本当にすばらしいものになるでしょうね。

《精神面》
心を高揚させてる
幸福感を与える
うつ状態や不眠症、神経の緊張、ストレス症状
神経系を落ち着かせる
くつろがせ、和らげる

《身体面》
血行不良や循環不全、頭痛、吐き気、動悸
喘息や花粉症、咳、咽頭痛
胆のう炎や肝臓のうっ滞

《皮膚とお肌》
敏感肌や 老年肌、乾燥肌、しわ
赤ら顔
湿疹やヘルペス(刺激性がなく過敏症を引き起こさない)
毛細血管の破砕
結膜炎(ローズウォーター)

《女性、男性》
女性の生殖器系の不調に役立つ
月経過多や少量月経、月経不順、月経困難症
こしけや子宮の症状、更年期障害
不感症やインポテンス

《作用》
鎮静作用や収斂作用、瘢痕形成作用、止血作用、浄血作用
強壮作用や抗うつ作用
健胃作用や利尿作用
強肝作用や胆汁排出促進作用、強脾作用、鎮痙作用

抗炎症作用や抗ウィルス作用、抗菌作用、殺菌作用、消毒作用
通経作用や月経促進作用、子宮強壮作用
催眠作用、催淫作用

《成分》
フェニルエタノール:63%
シトロネロール:18~22%
ネロール:10~15%
ステアロプテン:8%
ファルネソール:0.2~2%
ゲラニオール
など300種類以上の微量成分が含まれる

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
ほとんどのエッセンシャルオイルと相性が良い
香りをまろやかにする効果がある
ラベンダー
オレンジ
オレンジブロッサム
ネロリ
ベルガモット
ゼラニウム
クラリセージ
カモミール
ジャスミン
サンダルウッド(白檀)
パチュリ
ベンゾイン(安息香)
クローブ
パルマローザ
バルサム(ペルー)
クローブ
パルマローザ
ガイヤクウッド
ガルバナム
カッシー
ミモザ
など

《注意》
基本的に安全なエッセンシャルオイル
妊娠中にも使えるとされているが、通経作用や月経促進作用もあり、お気を付け下さい
妊娠中の過度の使用は避けた方がよい

低温で僅かに固まる性質がある(室温で戻る)
寒いときは手で暖めると良い

《歴史》
古くからバラの香りは好まれてきた

ペルシャ人やアラビア人のバラ好きは有名
イブン・スィーナ(アウィケンナ):アラビア人の医師
水蒸気蒸留法を発明
薔薇の花が最初の蒸留に使われたと言われる

エッセンシャルオイル用の薔薇
トルコやブルガリア:
ダマスクローズ Rosa damascena
フランスやモロッコ:
キャベッジローズ Rosa centifolia
が栽培されている
フランスやモロッコローズ(キャベッジローズ)には、ブルガリア(ダマスク)ローズと比べ強い催淫作用があるようです(および催眠作用もあります)
フェニルエタノールが多い為だと考えられている。


昔から薔薇は愛と清純の象徴とされてきた
結婚式で薔薇の花びらがまかれ新郎新婦の幸せが祈られた
ギリシャ
愛と美の女神、ヴィーナスと結び付けられてきた

LANDEL ローズ  アブソリュート 3mlLANDEL ローズ アブソリュート 3ml
Palm Tree Ess.ローズ 1mlPalm Tree Ess.ローズ 1ml
カルペパー エッセンシャルオイル ローズ(ローズオットー) 2.5mlカルペパー エッセンシャルオイル ローズ(ローズオットー) 2.5ml
GAIA ローズ・オットー 5mlGAIA ローズ・オットー 5ml
GAIA ローズ・オットー 3mlGAIA ローズ・オットー 3ml
マギーティスランド ローズオットーマギーティスランド ローズオットー

サノフロール エッセンシャルオイル ローズウッドサノフロール エッセンシャルオイル ローズウッド


ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:アロマ・リラクゼーション
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

あろまてらぴー:ローズ (ダマスク ローズ) Rose (Damask Rose)
Bulgarian Rose / Tulkish Rose
学名: Rosa damascena


フローラル系
バラ科

新鮮な摘みたての花弁より抽出
オットー Rose Otto:水蒸気蒸留法
アブソリュート Rose Absolute:溶剤抽出法

《香り》
オットー:淡い黄色~オリーブイエロー
深い香り
甘い香り
フローラル調の香り
とても豊かな香り
僅かにスパイス調の香り

アブソリュート:赤みのオレンジ~オリーブ色
豊かな香り
フローラル調の香り
甘い香り
スパイス調の香り

フローラル系や花系のエッセンシャルオイルは濃厚な香りが多い
ローズもとても濃厚な香り
エッセンシャルオイルを直接香ると、スパイシーさを含み甘さが強く薔薇の香りとは思えない感じがする
バラの花も、かなり濃い香りでエッセンシャルオイルの濃厚さが、少し苦手と感じる方もおられるかも

お風呂や香水、ローションなどで使うと薔薇の良い香りがする
香りは素晴らしく、ほんの僅かで存在感がある

エッセンシャルオイルの中で最も高価
1滴/300円のものもある
このオイル一本で化粧品や女性のお悩みに強い味方となる
女性へのプレゼントに良い

ローズの栽培品種は1万種以上ある
ローズエッセンシャルオイルの品種は、園芸種のバラとは異なる原種に近い種類

薔薇のエッセンシャルオイルは「女性のためのオイル」と言われる
お肌や女性の身体特有の症状に
心にも強く働きかけるエッセンシャルオイル

《精神面》
心を高揚させてる
幸福感を与える
うつ状態や不眠症、神経の緊張、ストレス症状
神経系を落ち着かせる
くつろがせ、和らげる

《身体面》
血行不良や循環不全、頭痛、、吐き気、動悸
喘息や花粉症、咳、咽頭痛
胆のう炎や肝臓のうっ滞

《皮膚とお肌》
敏感肌や 老年肌、乾燥肌、しわ
赤ら顔
湿疹やヘルペス(刺激性がなく過敏症を引き起こさない)
毛細血管の破砕
結膜炎(ローズウォーター)

《女性、男性》
女性の生殖器系の不調に役立つ
月経過多や少量月経、月経不順、月経困難症
こしけや子宮の症状、更年期障害
不感症やインポテンス

《作用》
鎮静作用や収斂作用、瘢痕形成作用、止血作用、浄血作用
強壮作用や抗うつ作用
健胃作用や利尿作用
強肝作用や胆汁排出促進作用、強脾作用、鎮痙作用

抗炎症作用や抗ウィルス作用、抗菌作用、殺菌作用、消毒作用
通経作用や月経促進作用、子宮強壮作用
催淫作用

《成分》
シトロネロール:34~55%
ネロール:30~40%
ステアロプテン:16~22%
フェニルエタノール:1.5~3%
ファルネソール:0.2~2%
ゲラニオール
など300種類以上の微量成分が含まれる

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
ほとんどのエッセンシャルオイルと相性が良い
香りをまろやかにする効果がある
ラベンダー
オレンジ
ネロリ
ベルガモット
ゼラニウム
クラリセージ
カモミール
ジャスミン
サンダルウッド(白檀)
パチュリ
ベンゾイン(安息香)
クローブ
パルマローザ
ガルバナム
など

《注意》
基本的に安全なエッセンシャルオイル
妊娠中にも使えるとされているが、通経作用や月経促進作用もあり、お気を付け下さい
妊娠中の過度の使用は避けた方がよい

低温で僅かに固まる性質がある(室温で戻る)
寒いときは手で暖めると良い

《歴史》
古くからバラの香りは好まれてきた

ペルシャ人やアラビア人のバラ好きは有名
イブン・スィーナ(アウィケンナ):アラビア人の医師
水蒸気蒸留法を発明
薔薇の花が最初の蒸留に使われたと言われる

エッセンシャルオイル用の薔薇
トルコやブルガリア
ダマスクローズ Rosa damascena
フランスやモロッコ
キャベッジローズ Rosa centifolia
が栽培されている

昔から薔薇は愛と清純の象徴とされてきた
結婚式で薔薇の花びらがまかれ新郎新婦の幸せが祈られた
薔薇の花言葉「愛」

LANDEL ローズ  アブソリュート 3mlLANDEL ローズ アブソリュート 3ml
Palm Tree Ess.ローズ 1mlPalm Tree Ess.ローズ 1ml
カルペパー エッセンシャルオイル ローズ(ローズオットー) 2.5mlカルペパー エッセンシャルオイル ローズ(ローズオットー) 2.5ml
GAIA ローズ・オットー 5mlGAIA ローズ・オットー 5ml
GAIA ローズ・オットー 3mlGAIA ローズ・オットー 3ml
マギーティスランド ローズオットーマギーティスランド ローズオットー

サノフロール エッセンシャルオイル ローズウッドサノフロール エッセンシャルオイル ローズウッド


ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

リンデン Linden
Lime Tree / Common Lime
学名:Tilia vulgaris


フローラル系
シナノキ科
乾燥した花より抽出
菩提樹の花

《香り》
優しさのある香り
エレガントな香り
心地よい香り
うっとりするほど芳醇
麗しく、深みのある香り
万人から好まれる香り
美しい香り

別名:「ティユール」と呼ばれる
非常に持続性がある
ゆったりとくつろぎたいときやリビングの香りつけによい
少し贅沢なリラックスに最適
お客さまのおもてなしによい
スキンケアや髪の毛の手入れ
リンデンのハチミツは、お酒や薬に良く使われる

ジャスミンやローズ・アブソリュートが有名だが、リンデンも劣らない魅惑的な美しさを満たす
リンデンの花はハーブティーに使われる花として有名

《精神面》
ストレスや神経衰弱
幸福感を高めてくれる
心に自信を与えてくれる
神経を落ち着かせ
深い眠りの準備をしてくれる

寝室でアロマランプ芳香浴も良い
エッセンシャルオイル:
極めて優れたリラックス効果がある
特に緊張や不安などに
精神的なストレス
安眠を妨げられているとき

《身体面》
不眠症や頭痛
風邪や感染症、インフルエンザ
悪寒や痙攣
消化不良
肝臓の痛み
首や肩のマッサージや就寝前のアロマバス
血液サラサラにすること助ける

《皮膚とお肌》

《作用》
穏和作用や鎮静作用
強壮作用や頭部機能促進作用
発汗作用や利尿作用
抗けいれん作用
穏やかな収斂作用や駆風作用

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
マージョラム・スウィート
ネロリ
ラベンダー
カモミール・ローマン
など

《成分》
ファルネソルコンクリート
が主体

《注意》
ほとんどの場合は、偽和品(混ぜ物または科学合成品)が多い
お肌が敏感な方は、使用量を少なめにしてお試し下さい
お肌が敏感な方にアレルギーをおこさせることがある

《歴史》
ローマ時代
リンデンの樹皮の内側の部分を肉と一緒に煮て味と香りを整えていた
フランス
リンデンの花はティユルと呼ばれ、不眠症や消化不良に有効なハーブティーとして広く飲用されていた




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:アロマ・リラクゼーション
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

スパイク ラベンダー Spike Lavender
学名:Lavandula latifolia / Lavandula spica:


フローラル系
シソ科
花の咲いた先端、葉、茎より抽出

《香り》
ハーブ(ハーバル)系
ラベンダーと似ている
よりハッキリした香り
フレッシュな香り
さわやかな香り
ハーブらしい香り
カンファー様の香りもする

スパイク ラベンダー
「メールラベンダー」(男のラベンダー)と呼ばれる
トゥルーラベンダーと同じく、たくさんの種類がある
フランス産はスペイン産よりも繊細で芳香が強く感じる

《成分》
シネオール
カンホール
リナロール
酢酸リナリル
など

《精神面》
極度の緊張を鎮める
不眠症に効果的
神経性の緊張を和らげる
ストレス症状によい

ショックに良い
中枢神経のバランスを調える
うつ状態になっているとき
躁うつ症的な状況によい

怒りを和らげる
精神的疲労を回復させる
頭が重いときによい
気分をすっきりさせる

《身体面》
頭痛や偏頭痛
腰痛や坐骨神経痛、筋肉痛
リューマチ、捻挫
腹部の痙攣や緊張、消化不良、吐き気、疝痛

特に呼吸器系に効果がある
喘息や気管支炎、喉頭炎、のどの炎症、カタル症状、インフルエンザ
口臭予防

《皮膚、お肌》
にきびや吹き出物
膿傷、火傷、内出血
感作作用や日焼け、皮膚炎、湿疹、炎症
乾癬、皮疹、傷、ふけが気になる方
虫刺されや虫除け、しらみ
白癬、水虫

《女性》
月経困難や月経前緊張症、こしけ

《作用》
鎮痛作用や鎮痙作用
抗うつ作用や鎮静作用、神経強壮作用、抗神経障害作用
刺激作用や強壮作用
発赤作用や発汗作用

抗菌作用や抗ウィルス作用、消毒作用、殺菌作用、殺真菌作用
殺虫作用や駆虫作用、しらみやノミなどの駆除、
抗痙攣作用や抗炎症作用、抗リューマチ作用、
収斂作用や細胞防御作用
デオドラント作用

鼻粘液排出作用や胆汁排出促進作用、
瘢痕形成作用、癒傷作用、浄血作用、止血作用
駆風作用、利尿作用、血圧降下作用、
催淫作用、月経促進作用、通経作用

《注意》
濃度が濃い場合に刺激性を持つことがある
燃えるような、刺すような作用がある
身体の内外問わず、ほんの数滴で十分

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
スパイス系のオイルと相性が良い
ローズマリー
ユーカリ
ローズウッド
ラベンダー
プチグレン
パイン
シダーウッド
セージ(コモン セージ)
ラバンディン
オークモス
パチュリ
クローブ
など

《歴史》
スパイクラベンダー
スペイン
全土で野生状態で生育し、農民が刈り取って蒸留していた
1936年の内乱以来、精油の生産量が激減している
以来、フランスが盛んになった

「Oleum spicae」:
スパイク ラベンダーオイル:テルペンチン=1:3
でブレンド
手足の麻痺や捻挫、硬くなった関節などに使われた




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:アロマ・リラクゼーション
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

ラベンダー (トゥルーラベンダー、真正ラベンダー)
Lavender(True Labender):

学名:Lavandula angustifolia
L. Officinalis / L. vera

フローラル系
シソ科
花の咲いた先端や葉、茎より抽出

《香り》
軽い感じの香り
ソフトな香り
柔らかい香り
フローラルな香り
ハーブ調の香り

熟したような香り
クラシックな香り
はっきりした香り
独特なハーブ系の強い香り
甘い感じの香り
男性が好む香り

オーソドックスなエッセンシャルオイル
メーカーや製品、品質などで香りに差がある
質の良いと強い香り

「万能のオイル」と言われる
効果や作用が多様化している
アロマセラピーでもっとも多く使われる
多くの種類がある
いろいろな用途に使える
穏やかなエッセンシャルオイル
いろいろな場面で、利用出来る便利なエッセンシャルオイル

《成分》
ラバンドゥロール
酢酸ラバンドゥリル
テルピネオール
酢酸リナリル
リナロール
ボルネオール
カリオフィレン
リモネン
ゲラニオール
シネオール
ピネン
オシメン
など100種類以上

《精神面》
ストレスに効果的
ショックによい
緊張によい
不眠症に効果がある
中枢神経を調える
うつ状態によい
躁うつ症的な状態によい
怒りを鎮める
精神的な疲れを和らげる

《身体面》
頭痛や偏頭痛
筋肉痛や腰痛、捻挫や坐骨神経痛、リューマチ
消化不良、吐き気、疝痛など
のどの炎症や気管支炎、喘息、カタル症状、喉頭炎、
インフルエンザの季節によい
口臭予防に効果がある

《皮膚やお肌》
にきびや吹き出物、
膿傷や傷、火傷
ふけが多い
乾癬や皮疹、白癬、水虫
虫刺されや虫除け、しらみ、ノミ
【感作作用】
日焼けや皮膚炎、湿疹、炎症

《女性》
月経困難や月経前緊張症、こしけ

《注意》
低血圧の方が使用すると感覚が鈍化して眠くなる場合がある
妊娠初期の数ヶ月は使用を控えたほうが良い
通経作用がある

《作用》
鎮痛作用や鎮痙作用、収斂作用
抗うつ作用や神経強壮作用、抗神経障害作用、鎮静作用
強壮作用や発汗作用、発赤作用
利尿作用や駆風作用、
鼻粘液排出作用や胆汁排出促進作用、
抗炎症作用や抗菌作用、殺菌作用、
抗リューマチ、抗けいれん、
殺虫作用や駆虫作用、
癒傷作用や止血、血圧降下作用
細胞防御や瘢痕形成作用
月経促進や通経作用
デオドラント作用
催淫作用

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
ほとんどのオイルと相性が良い
シトラス系やフローラル系オイルと特に良い
ゼラニウム
シダーウッド
クラリセージ
パイン
ラブダナム
オークモス
パチョリ
ベチバー
クローブ
など

《歴史》
ローマ人
ラベンダーの消毒作用を利用して沐浴に使った
創傷を洗っていた
ラテン語:「Lavare」洗うに由来
イタリア語:「Lavare」洗う、清める意味

ガットフォセ フランスの科学者
アロマテラピーの発展に貢献
火傷にラベンダーオイルを塗ると、皮膚の治癒力や再生補助力が強いことを発見
1928年頃「アロマテラピー」と名付けた




有名ブログ☆ランキングへブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

季節の変わり目にアロマテラピー!

季節の移り変わりで、体調を崩しやすい時期です。残暑の厳しい日が続いたかと思っていたら、今度は肌寒くなってきてます。身体の調子は如何ですか?夏の疲れが取れていないうちに秋がそこまで来ています。体調を崩さないように気を付けてください。
こんなときに心身の健康にアロマテラピーはいかがですか?

リンデン・アブソリュート:
シナノキ科
うっとりするほど芳醇
麗しく、深みのある香り
万人から好まれる美しい香り
深く濃い緑色
非常に持続性がある

花より抽出されるもの
ジャスミンやローズ・アブソリュートが有名
リンデンも劣らない魅惑的な美しさを満たす

リンデンの花:
ハーブティーに使われる花として有名
極めて優れたリラックス効果がある
不眠症に
消化不良に

エッセンシャルオイル:
極めて優れたリラックス効果がある
特に緊張や不安などに
精神的なストレスに
安眠を妨げられているとき

首や肩をマッサージや就寝前のアロマバス
神経を落ち着かせ
深い眠りの準備をしてくれる
寝室でアロマランプ芳香浴も良い
・マージョラム・スウィート
・ネロリ
・ラベンダー
・カモミール・ローマン
などとのブレンドがいい

ゆったりとくつろぎたいとき
リビングの香りつけに
少し贅沢なリラックスに
お客さまのおもてなしに
スキンケアや髪の毛の手入れ

身体面
血液サラサラにすること助ける

ローマ時代:リンデンの樹皮の内側の部分を肉と一緒に煮て味と香りを整えていた
フランス:リンデンの花はティユルと呼ばれ、不眠症や消化不良に有効なハーブティーとして広く飲用

高価なオイル
ローズ・オットー
ローズ・アブソリュート
メリッサ・トゥルー
リンデンなど
偽物や合成品が流通していて注意が必要


このブログはリンクフリーです!お気軽にリンクして下さい。
相互リンクをご希望の方はコメント欄に記入して下さい。

このブログをリンクに追加する
応援ポチ、ポチ!して頂けると励みになります!
  有名ブログ☆ランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング 

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

季節の変わり目にアロマテラピー!

季節の移り変わりで、体調を崩しやすい時期です。残暑の厳しい日が続いたかと思っていたら、今度は肌寒くなってきてます。身体の調子は如何ですか?夏の疲れが取れていないうちに秋がそこまで来ています。体調を崩さないように気を付けてください。
こんなときに心身の健康にアロマテラピーはいかがですか?

ラベンダー・フレンチ(真正ラベンダー):
シソ科
万能エッセンシャルオイル
アロマテラピーで最も頻繁に使われる

作用が穏やか
子供に対して安心して使用できる
アロマ初心者の方に良い

緊張を抑える
ストレスに良い
不安感を和らげ
気分をゆったりさせる
鎮静させる

安眠を助ける効果にも優れる
優しい香りが心身ともに緊張を解きほぐす
穏やかな気持ちにさせる
なんとなく寝つきが悪いときに
寝室にアロマランプで使用
就寝前のアロマバスで使用

ラベンダーの香りが苦手な方:
オレンジ・スイートやベルガモットなど柑橘系のエッセンシャルオイルとブレンドすると良い
より爽やかで心地よい香りになる

カモミール・ジャーマン、カモミール・ローマン、クラリーセージ、マージョラムとも良く合う

「エッセンシャルオイルを原液のまま肌につけてはいけない」
例外的にラベンダーとティートゥリーだけ少量であれば直接肌につけて使うことができる
(事前に必ずパッチテストを行うこと)
少量をこめかみや手の甲などにつけて使用
手軽に緊張を抑えリラックスできる
人前で話をしなければならないとき
大事な試験の直前
頭痛などのとき

身体面
中枢神経に働きかけ
血圧を下げる
呼吸や動悸を整える

虫除け効果に優れる
ローマ時代:沐浴や傷口の洗浄などにラベンダーのハーブを利用
イギリス:化粧水や香水としてエリザベス朝のときに、人気があった
北欧:古くからラベンダーの治療効果は認識されている
ペスト流行時には小枝をローズマリーやアンジェリカと共に感染者の家で薫蒸したらしい北海道、福島県、群馬県、富士山麓などで栽培されている


みなさんの持っておられる知識や使用法、情報などを教えて頂ければありがたいです!
コメントに記入して下さい、こちらでご紹介させて頂きます!


このブログはリンクフリーです!お気軽にリンクして下さい。
相互リンクをご希望の方はコメント欄に記入して下さい。

このブログをリンクに追加する
応援ポチ、ポチ!して頂けると励みになります!
  有名ブログ☆ランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング 

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。