スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亜鉛が不足しているのでは?

肌がよく乾燥する。

味覚がおかしい。
味がしない。
味付けが濃くなった。

風邪をひきやすくなった。
風邪が長引く、治りが悪い。
男性:精力が落ちた、また落ちた感じがする。

記憶力が落ちた。
最近、覚えが悪い。

加工食品をよく食べる。
外食や偏食が多い。
魚介類は食べない、嫌い。
レバーは食べない、嫌い。

亜鉛(Zn):不可欠微量元素

子供の6割が不足傾向。
若年者(20~30代)の味覚障害が急増傾向にある。
高齢者も不足ぎみ。

《働き(機能)》
新しい細胞の再生に関与。
舌の細胞(舌の味蕾細胞の分裂)の再生を促進。
味覚を鋭敏にする。
臭覚の機能維持。
アルコールの代謝に関与。
脳内の伝達物質合成に関与。
免疫細胞の維持や再生に関与。
免疫力を高める。
風邪の早期治癒効果がある。

性ホルモン合成に関与。
性腺機能の維持。
性腺機能に必須でセックスミネラルともいわれる。
新陳代謝に関与。
正常の成長、生殖および寿命に不可欠。
DNA合成、細胞分裂に関与。
老化の進行防止。
傷の治癒を早める。

体内で200種類以上の酵素の働きに必要。
代謝に必須のミネラル。
神経を正常に保持。
ビタミンA濃度を正常に保持。

《効能》
味覚障害の予防・改善、男性の性腺機能の維持、免疫力を高め風邪の罹患期間を短縮、胎児の成長、下痢や関節炎に効果、糖尿病予防、関節リウマチ予防、
(風邪の原因ウィルスの1つであるライノウィルスの呼吸器系組織への進入を防ぐ。症状発現後24時間以内に摂取すると効果が期待される。)
注:
子供の亜鉛不足は深刻で、新陳代謝が遅れ発育が遅れる。
精子、精液、前立腺、副睾丸に高濃度含まれる。

《多く含む食品》
魚介類、ホタテ、カキ、肉類、肝臓、豚レバー、牛肉の赤身、ミルク、タマゴ、玄米、そば、トウモロコシ、ウナギ、イワシ、ごま、枝豆、

《亜鉛の欠乏症》
味覚障害、臭覚障害、免疫力の低下、うつ状態、皮膚疾患、食欲不振、男性不妊症、成長遅延、男女の二次成長に遅延、性器発育不全、小人症、

《亜鉛の過剰症》
吐き気、嘔吐、下痢、頭痛、発熱、倦怠感、

***注意***
ビタミンCや有機酸(クエン酸など)によりキレート結合により吸収率が上がる。
カルシウム、食物繊維、カフェインなど亜鉛の吸収を阻害する。
一部医薬品と相互作用することがあるので、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、摂取すること。

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。