スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年08月02日Wed [08:24] 女性のためのビタミン  

出産の資金負担が不要に!

少子化対策で出産時の資金負担が不要に!

厚生労働省は、出産費用を健康保険から支給されている出産育児一時金の支払い方法の改善策をまとめた。
現在は出産して申請し、約一ヶ月後に現金を出産一時金として、赤ちゃん一人につき30万円の現金を支給している。(10月より増額され、35万円の現金を支給することも決定している。)

すなわち、分娩は健康保険対象外で、親は医療機関に払う分娩費を準備する必要があった。そこで、改善策では、出産予定日の一ヶ月前から事前申請し、出産したら健康保険が医療機関に直接支給する。一時金で出産費用が余った場合は医療機関が差額を親に現金で渡す。

分娩費用の平均は約32万円で、10月以降は35万円支給されるため通常出産ならば、親の資金負担は不要になる!
日経新聞より
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。