スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニキビ、吹き出物、肌荒れ、口内炎にはビタミンB6

ニキビ、吹き出物がよくできる。
肌がよく荒れる。
口内炎ができる。
イライラする。
寝付きが悪い。
便秘のことが多い。
下痢をよくする。
青魚が嫌い。

ビタミンB6/ピリドキシン:水溶性ビタミン

《働き(機能)》
タンパク質をアミノ酸に分解。
粘膜の合成に関与。
タンパク質の分解と合成に関与。
細胞へのアミノ酸輸送に関与。
他の成分とともに粘膜、筋肉、骨、ホルモン、毛髪など合成に関与。

タンパク質・脂質代謝に関与。
不飽和脂肪酸とコレステロールの代謝に関与。

胎児の成長に関与。
頭痛や生理のときの症状改善に働く。
月経前症候群(PMS)の症状改善。

中枢神経代謝に関与。
神経伝達物質(ギャバ)の合成に関与。
神経組織の維持。

抗体産生に関与。
腸内細菌により合成される。
腸管からのアミノ酸吸収に関与。

ビタミンB6とナイアシン(玄米、青魚):肌の維持。
ビタミンB6とビオチン(青魚):抜け毛の防止、白髪の防止。

《多く含む食品》
玄米、酵母、胚芽、ある種の穀類、小麦、トウモロコシ、肝臓、豆類、大豆、ごま、サケ、バナナ、青魚、サバ、サンマ、イワシ、アジ、青魚の缶詰、牛乳、卵、野菜
注:
ビタミンB群として、何種類かまとめて摂取したほうがよい。
B群の協同作用。

《ビタミンB6欠乏》
皮膚炎、成長障害、低色素性小球性貧血(血清鉄高値)、ホモシスチン尿症、
減少:
吸収不良、アルコール中毒、妊娠、経口避妊薬の服用、抗結核剤(INH)の大量摂取で減少し神経炎・神経障害
幼児:
てんかん様発作、被刺激性亢進、胃腸障害、驚愕反応増加、痙攣発作
注:
日常食餌に十分含まれており、腸内細菌により合成されている。

《ビタミンB6過剰》
水溶性であり、通常の目安量により摂取する分には、特に健康被害や副作用は認められない。

注:
一部医薬品と相互作用の可能性が認められるため、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、利用すること。


このブログはリンクフリーです!お気軽にリンクして下さい。
相互リンクをご希望の方はコメント欄に記入して下さい。

このブログをリンクに追加する
応援ポチ、ポチ!して頂けると励みになります!
  有名ブログ☆ランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング 
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。