スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロム、足りてますか?

血糖値が下がりにくくなる(糖尿病になる)
動脈硬化があるといわれた。
高血圧である。
疲れやすい。
子供の場合は発育が遅れるなどの成長障害。

クロム(Chromium)/Cr:不可欠微量元素
潜在的欠乏の可能性!

《働き(機能)》
糖代謝に関与。
脂質代謝に関与。
インスリンの作用を増強。
インシュリンの働きを活性化。
グルコース利用を促進。
Ⅱ型糖尿病患者で耐糖能異常の改善。
インスリン抵抗性の改善。
糖代謝異常(Ⅱ型糖尿病)や脂質代謝異常(高脂血症)を改善。

エネルギー代謝で糖質代謝に必要とする酵素活性で必要。
脂質代謝で脂肪酸やコレステロールの合成を促進。
中性脂肪やコレステロール値を改善する
善玉コレステロールを増やす

高血圧を予防。
老化防止に役立つ。

微量だが組織中に広く分布。

《多く含む食品》
海藻類、干しひじき、乾燥ワカメ、マイワシ、アナゴ、ベーコン、ボンレスハム、肉類、穀類、和牛、米ぬか、キビナゴ、アサリ(つくだ煮)、ザーサイ、えごま、ピーナッツバター、あさり、はまぐり、ノリ類、動物の肝臓、魚介類、豆類、果物
(海の底の生物には多く含有)
注:
食品中のクロム量は、収穫地の土壌、牧草、あるいは河川水や海水のクロム含有量にも大きく依存。
野菜、穀物、肉、魚など広く含まれている。偏りのない食事であればクロムは欠乏することはほとんどない。

《クロムの欠乏症》
糖代謝異常、脂質代謝異常、生活習慣病、高脂血症、高血糖、動脈硬化、肥満、抹消神経の炎症、糖尿病のような症状
注:
他の栄養素がしっかりと摂取できる食生活であれば、クロムが不足する心配はない。
食品の加工、精製で食材のクロム含有量が低下する。
日本人は加工食品が増加しており、ミネラルの摂取不足になりがちである。
六価クロム(人工的に生成)は有害。
三価クロム:自然界に存在するクロムの殆どが三価クロム
インスリンの働きを助ける耐糖因子(GTF)の構成要素で、栄養素として大事な働きをしている。

***注意***
短期間では効果が来た出来ないため、目安量に従い継続利用する。
通常の食餌成分で健康被害や副作用は認められない。
医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、摂取すること。


このブログはリンクフリーです!お気軽にリンクして下さい。
相互リンクをご希望の方はコメント欄に記入して下さい。

このブログをリンクに追加する
応援ポチ、ポチ!して頂けると励みになります!
  有名ブログ☆ランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング 
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。