スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなことないですか?

傷口が治りにくい。
歯茎から血が出る。
日焼けし易い。
シミ、ソバカスができやすい。
空気が汚い、生活環境(空気)が良くない。
煙草を吸う。
ストレスが多い。
風邪を引きやすい。
酸っぱい果物は嫌い。

【ビタミンC/アスコルビン酸】

水溶性ビタミン

《働き(機能)》
広く代謝に関与。
健康の維持増進。
ある種疾患予防。

正常の細胞間物質の維持(結合組織:皮膚、骨、歯、軟骨など)。
コラーゲン合成(結合組織)に関与・促進。
チロシン、フェニールアラニンの代謝に必要。
鉄・銅代謝の調節作用。
鉄の吸収促進(貧血予防)。
生体内の酸化還元に関与。
抗酸化作用(生活習慣病の予防)。
ビタミンEと共同し抗酸化作用。
美白、美肌、シミの予防。

種々薬剤(副腎皮質ステロイドホルモンなど)の代謝に関与。
抗ストレスホルモンの副腎皮質ホルモンの合成に必要。
生理的ストレスに対する身体反応の重要な役割。
ストレス・喫煙・感染・運動で多く消費される。

高血圧の予防・改善。
貧血予防。
風邪(初期)の予防・軽減
ある種ガン、動脈硬化性疾患、末梢循環不全などに対する効果。
上部消化管(食堂・胃)のガン、乳ガン、胆嚢疾患などの発症リスクを抑制。

《多く含む食品》
柑橘類(レモン、アセロラ、グァバ、グレープフルーツ、ゆず、オレンジ、ミカン)イチゴ類、メロン、トマト、緑色トウガラシ、生キャベツ、緑葉野菜(特にサラダ菜)、大根、緑茶、新鮮なジャガイモ(脱水されていないもの)。

注:
ジャガイモのビタミン含有量はさほど多くないが、食べる量が多く大切な供給源になっている。
短時間で体外排泄され、何回かに分けての摂取がよく、食事のときに柑橘類や緑葉野菜を一緒にとる。

《ビタミンC欠乏》
壊血病(細胞間物質の合成・維持の障害により、出血や歯の脆弱、創傷治癒の不良、骨折しやすくなる)。
人工乳(ビタミンCの入っていないミルク)の乳児における乳児壊血病。
果物・野菜を嫌う偏食者(特に年配独身男性、男やもめなど)。
ほとんどの場合、欠乏は起こらない。
不適当な食餌摂取が、原因のこと多い。

注:
ビタミンの中の最もこわれやすいビタミン。
容易に酸化され、料理によりこわれやすいビタミン。
キャベツなど新鮮野菜を細かく刻んだり、ジャガイモもマッシュポテトにすると著しく失われる。
貯蔵・熱処理で著しい喪失。
火傷、手術、感染によるストレスで減少。
アスピリン服用で減少。

《ビタミンC過剰》
尿中にシュウ酸カルシウムの排出が増え腎結石との関係示唆される。
(腎結石には、ほかに様々の要因がある)
胃腸障害(胸焼け、下痢など)、頭痛が起こることもある。


注:一部医薬品と相互作用の可能性があるため、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、利用すること。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。