スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HIVの感染源は?

HIV感染者の
・血液
・精液
・膣分泌液
・母乳

性行為による感染:
性器、肛門、口などの粘膜や傷口からHIVが血液内に入り感染する。オーラルセックスでは感染する可能性は低いが、口の中に傷があると感染する可能性が高くなる。コンドームを使うことが最良の予防である。

注射針や注射器の使い回しによる感染:
覚醒剤や麻薬などの回し打ちで感染する可能性が非常に高い。

輸血による感染:
献血のときの血液検査でHIV感染を完全に見付けることは不可能であり、HIVを完全に排除することは困難で、すり抜けて混入する可能性がある。

母子感染:
母親から子供ヘの感染は、妊娠中に胎盤から胎児に感染する可能性がある。
また、出産時による出血から、産まれるて来る新生児に感染する可能性がある。
それから出産後の授乳のときに母乳から感染の可能性がある。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。