スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノロウィルス!感染性胃腸炎が大流行

大阪府感染症情報センターの発表
平成18年第45週(11/6~11/12)

「感染性胃腸炎 流行」

 第45週の感染症は、前週比47.9%増の3,743例の報告。
上位5疾患は、
1.感染性胃腸炎
2.A群溶連菌咽頭炎
3.水痘
4.流行性耳下腺炎
5.突発性発しん
の順である。

感染性胃腸炎:
前週比65%増の2,643例で全ブロックで増加した。原因ウイルスはノロウイルスGⅡ4遺伝子型が主流
A群溶連菌咽頭炎:
57%増の318例の報告
大阪府公衆衛生研究所より


ノロウイルス感染症の特徴
ノロウイルスとロタウイルスはともに下痢、嘔吐を主徴とする胃腸炎をおこすが、ノロウイルスはロタウイルスに比べ、幅広い年齢層に罹患する傾向がある。
秋から年末:ノロウイルス
1月~4月:ロタウイルス
が主に流行する。

ノロウイルスによる急性胃腸炎
飲食物を介した経口感染が主だが、人から人へ感染し主に小児や老人で流行することがある。乳児期から成人まで幅広く感染する。
症状:
嘔気、嘔吐、下痢が主症状で、一般に症状は軽症。
老人や免疫力の低下した乳児では重症化して死亡することもある。
保育所、幼稚園、小学校などの小児や、病院、老人ホーム、福祉施設などの成人でも集団発生がみられ、注意が必要。

感染経路
ノロウイルスの感染は、ほとんどが経口感染(口から体内に入り感染)であり、次のような経路がある。
ウイルスに汚染された貝類を、生あるいは十分に加熱しないで食べた場合に感染。
調理台や調理器具がウイルスに汚染されたり、ウイルスに感染した人が食品を取り扱うことで、二次的に汚染された食品を食べると感染。
感染者を看病したり、患者の吐物、便などから直接感染するヒト‐ヒト間の感染。

症状
潜伏期間(感染から発症までの時間):24~48時間
主症状
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛で発熱は軽度。
これらの症状が1~2日続いた後、治癒し後遺症はない。
感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もある。
激しい嘔吐や下痢により急激に水分を失うため、特に乳幼児や高齢者では脱水症状に気をつけること。

治療方法
現在、ノロウィルスの抗ウイルス剤はない。
脱水症を防ぐため、市販のイオン飲料などで水分補給をする必要がある。
飲んでも吐いてしまうときは、早めに医療機関を受診すること。
下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるため使わない。

予防方法
日頃からの予防方法としては、食事前やトイレの後などにおいて、石鹸でしっかりと手を洗うことが大切です。

二次感染の防止
患者の便や嘔吐物には大量のウイルスが含まれるため、処理には十分注意すること。
下痢症状がなくなった後も、患者の便にはしばらくウイルスの排出が続くので、症状が治まっても安心出来ない。
汚物を処理するときは、使い捨ての手袋を使用し、用便後や調理前の手洗いを徹底する。
殺菌には熱湯または次亜塩素酸ナトリウムを使う。
アルコールや逆性石鹸にはあまり殺菌効果はない。
調理器具、衣類、タオルなどは熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効。
市販の塩素系漂白剤(通常、5~10%次亜塩素酸ナトリウム)なら50倍~100倍に薄め使う。
(原液10MLを1Lの水で薄める)

汚物の処理方法
患者の便や嘔吐物を処理するときは、使い捨ての手袋とマスクを着用する。
便や嘔吐物はペーパータオルなどで、除去しビニール袋に入れる。
残った便や嘔吐物の上からペーパータオルを被せ、その上から薄めた塩素系漂白剤を十分浸るように注ぐ。
汚染場所を広げないようにペーパータオルでよく拭く。
ウイルスは乾燥すると空気中に漂い、口に入って感染することがあるので、便や嘔吐物を乾燥させないこと。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング
スポンサーサイト

Re Comments.

toto tomtom様
早速遊びにきました。
ノロもロタも流行っているんですね!
去年、うちのサロンでもノロとロタに関して
会話が弾んだのですが、どちらも感染経路が便関係?(すみません)だとしたら・・したらですよ・・。
患者さんが 自分の側で放屁した場合、放屁感染はあるのだろうか・・?と、いう話題になりました。
文献には、放屁に関しての記述は載っていなかったらしいのですが・・いまだに私の中では謎です。
取り合えず、手洗いうがいをしっかりして
感染予防するに越したことはないですが・・。
変なコメントですみませんでしたm(__)m
2006/11/20(Mon) 12:48:03 | URL | maglieさん #-[ Edit.]
『maglieさんへ』 
おもしろい発想ですね!
放屁感染という言葉は、聞いたことがありませんね。
まず放屁は、食物を食べるときに、一緒に体内に空気が入り、それが放屁となります。
次に、腸内細菌が食物を、分解して出すガスがあります。これらが放屁となって出されます。

放屁によって感染するのか?
あまり無いと考えます。
ただ、放屁のときに腸内の便の粉末(極少量)が出ていることも考えられます。しかし、ショーツやパンツ(ズボン)が有り、まず外には出てこないと思われます。便と一緒にウィルスが付いてはいるでしょうが、ガスだけが出ても粉末が出てこなければ、感染の機会は少ないでしょう。

もう一点、お風呂です。
お風呂からも感染しますので、お尻に付いたウィルスが湯槽に広がって感染します。また、湯槽の中で放屁などは、もってのほかですね。
感染者はシャワーにして湯槽には入らないこと。症状が良くなっても、2~3週間は便中にウィルスが存在しますから気を付けて下さい。
後、衣類は熱湯に浸けて沸してから、洗濯したほうがいいですね。

こんな感じで如何でしょうか?
答えになってますか?


2006/11/20(Mon) 22:22:54 | URL | toto tomtomさん #-[ Edit.]
『もすごく』 
答えになっています。
納得できる回答をいただいてなんだかすっきりしました♪

2006/11/20(Mon) 23:05:32 | URL | maglieさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。