スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月16日Sat [21:19] ノロウィルス  

ノロウイルスって?

ノロウイルスって?
大きさ
1mmの3万分の1の大きさ
直径38nm(ナノメートル)正二十面体

1968年
米国オハイオ州ノーウォークの小学校で発生した集団胃腸炎から検出された。
米国ノーウォーク(NORWALK)町で発見されたため、2002年に、この名前が付けられた。

カリシ(ラテン語:コップの意味)ウイルス科の属名。
サポウイルス(Sapovirus;旧名称サッポロ様ウイルス(Sapporo‐like viruses : SLV)と並ぶ
小型球形ウイルス(SRSV)からノロウイルスへ
(カリシウイルスの分類)

1997年5月改正 食品衛生法
食中毒病因物質に小型球形ウイルス(SRSV)が追加された。
2003年8月改正
この病因物質名が小型球形ウイルス(SRSV)からノロウイルスに変更されました。

名称変更
 ウイルス性胃腸炎集団発生の最も重要な病原因子であるウイルスについて、2002年8月の国際ウイルス分類委員会(パリ開催)で正式な分類学上の名称が定められた。

 カリシウイルス科の分類は、1999年8月にシドニーで開催された国際ウイルス分類委員会において遺伝子学的方法により4属に分類することが承認されていた。しかし、ヒトから検出されるカリシウイルスの属名は正式決定されず、仮称とし「Norwalk-like viruses」と「Sapporo-like viruses」が示されました。
 2002年の国際ウイルス分類委員会において、
「Norwalk-like viruses」はノロウイルス
「Sapporo-like viruses」はサポウイルス
として正式に承認された。

検査方法
 小型球形ウイルス(SRSV)と呼ばれてきたウイルスは、現在でも培養する方法が確立されていない。電子顕微鏡による形態学的観察でウイルス粒子を確認する方法が検査法として主に使用されてきた。近年、遺伝子解析技術が発展し、PCR法とよばれる、検体からウイルスの遺伝子を単離し、その配列を調べることによってウイルスを同定する技術が確立された。PCR法が普及するにともない、多くの事例からウイルスの遺伝子が同定されるようになり解析が進み、正式な分類学上の名前が決められることになった。この新しいウイルス分類に基づいて、食品衛生法の食中毒病因物質名「小型球形ウイルス」は「ノロウイルス」に変更された。

カリシウイルスの分類
   科                 
  Family             
カリシウイルス科
Caliciviridae  

  属             種
 Genus          type species   
ノロウイルス      ノーウォークウイルス
Norovirus        Norwalk virus(NV)
 
サポウイルス      サッポロウイルス
Sapovirus        Sapporo virus(SV)
 
ラゴウイルス      Rabbit hemorrhagic disease virus(RHDV)
Lagovirus        (ウサギのウイルス)

ベシウイルス      Vesicular exanthema of swine virus(VESV)
Vesivirus       (ブタのウイルス)

SRSV:Small Round Structured Virus




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。