スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高麗人参商品の成分量、大きくバラツキ
(国民生活センター)


 国民生活センターは、滋養強壮の効果があるとされるドリンク剤や錠剤などで、1日の摂取量を守っても下痢や発疹がでる恐れがあるとして注意を呼びかけた。

 有効成分の量が商品によりバラツキがあり、医薬品を超えるものもあり、「少量から試してほしい」としている。(高麗人参は、滋養強壮、血圧調整などの効果があるとされ、医薬品だけでなく、健康食品にも含まれている)
 ここ数年で利用者からの苦情も増えており、01年4月~06年11月までで、全国の消費生活センターに1497件の苦情があった。発疹や下痢などの症状が出たケースも103件。

国民生活センター
1万円以下の高麗人参の健康食品(エキス、顆粒、錠剤)18銘柄の商品テストを実施。
 高麗人参の有効成分であるジンセノサイドの量が、医薬品より多く含まれた健康食品があったり、全く含まれない銘柄も一つあった。
 ジンセノサイドなど高麗人参の有効成分を多量にとると、下痢や発疹などの副作用が出る可能性があるため、業界に対し有効成分量の表示について、統一の規格をつくるよう要望した。
朝日新聞より 2007.01.10

 高麗人参に限らず、ビタミンやミネラル、そして最近、流行りのCoエンザイムQ10やα-リポ酸などなど、健康補助食品の成分が、表示通りに入っていない商品が多数存在するようです。
 ひどいものになると、成分はラベルに記載されているが、容量が表示されていないものもあります。また、成分と容量が記載されていても、表示通りに添加されていないようです。
 以前、ある番組で調査していましたが、表示通り入っていたのは、一社もなかったのです。数種類、入っている商品で、ある成分は、入っていても他の成分が表示通りに入っていなかったりして、バラツキも大きかったですね。最悪な商品も2~3種類見られ、ほとんどの成分が表示より遥かに少ない量しか入っていませんでした。

 何が取り締まる方法は、ないものでしょうかね?
 今回の高麗人参は、多く入っているものも見られてますが、ほとんどの場合は、表示より少ないようです。しっかりしたメーカーの商品を、購入するようにしたいですね。政府がしっかりと規制をかけるとか、チェックを入れていただかないといけませんね!無法地帯になっております。




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング 
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。