スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あろまてらぴー:リナロエ Linaloe

学名:Bursera glabrifolia / Bursera delpechiana
樹木系・樹脂系
カンラン科
種類:灌木
リナロエ ウッド:材木より抽出
リナロエ シード:種子および外皮より抽出(ときに葉と小枝から抽出)
抽出方法:水蒸気蒸留法
リナロエ ウッド:
材木のオイルはメキシコで生産
リナロエ シード:
種子および外皮のオイルはインドで生産

木の樹齢20~30年
材を蒸留する目的で使われる
幹に傷つけ、オイルの生成が促進される
(満月の夜に幹を傷つけと、一番良いオイルが採れると言われる)

《香り》
リナロエ ウッド:淡い黄色
ウッディーな香り
フローラル調の香り
甘い香り
ローズウッドに似た香り

リナロエ シード:無色
ウッドオイルよりもきつい香り
テルペン臭のある香り

テルペン【Terpen】:
分子構造中にイソプレンを基本骨格としてもつ天然有機化合物の総称。精油の主成分。多く油状で芳香があり、香料の原料にする。樟脳・ピネン・メントールなど。大辞泉より
植物精油の主成分。イソプレンが重合した骨格(C5H8)n をもつ炭化水素およびその誘導体の総称。樟脳(しようのう)・メントール・ビタミン A など。香料・医薬品などの原料にする。テルペノイド。大辞林より

《精神面》
ストレス
神経の緊張
気分が滅入る
精神的に疲れ
気持ちを前向きする
気持ちを高揚させる
元気にしてくれる

《身体面》
にきびや切り傷、皮膚炎、傷

《皮膚とお肌》
いろんなお肌に合う
にきびや切り傷、皮膚炎、傷

《女性、男性》
穏やかな強壮作用

《作用》
抗炎症作用
消毒作用や殺菌作用
消臭作用
鎮痙作用

穏やかな強壮作用

《成分》
リナロエ ウッド:
リナロール(主要成分)
酢酸リナリル(一部)

リナロエ シード:
酢酸リナリル(主要成分)
リナロール(一部)

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
ウッディー調やフローラル調のエッセンシャルオイルとのブレンドに良い
ローズウッド
ローズ
シダーウッド
サンダルウッド(白檀)
フランキンセンス(乳香)
など

《注意》
特にない

《歴史》
インド
シードオイル;インディアンラべンダーオイルで有名
マイソール地方特産の香水原料や石鹸に用いられる
インド以外ではほとんど見かけられないと言われる

メキシコ
オイルの含有成分がローズウッドと似ている
ローズウッドのように使われる

||ブログランキング・にほんブログ村へ|ブログランキング|ブログランキング|

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。