スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローズマリーがアルツハイマー予防

 西洋料理などで使うハーブのローズマリーに、脳の神経細胞が細胞死するのを防ぐ効果があることを岩手大など日米合同研究チームが突き止めた。
 アルツハイマー病やパーキンソン病の予防や治療をする新薬につながる成果。ローズマリーに、脳に多く含まれるカルノシン酸に、脳の神経細胞が細胞死するのを防ぐ効果がある。

 米国では、医薬品への応用に向けたプロジェクトが始まった。成分を使ったサプリメントも製品化される予定だ。

岩手大の佐藤拓己准教授(神経工学)ら
 マウスの右脳の動脈をクリップで2時間閉じて人工的に脳の神経細胞が死ぬ状況を作った。カルノシン酸を事前に注射したマウスとしないマウス各9匹で、24時間後に脳の変化を比べた。
注射しなかったマウス:右脳の52%が壊死
注射したマウス:壊死部分が34%
にとどまり、カルノシン酸に強い脳細胞保護効果があることを実証した。

 カルノシン酸が細胞死を抑える遺伝子を活性化することも解明し、認知症など脳神経細胞の細胞死に関連する病気の予防や治療に応用できる可能性を示した。
佐藤准教授
 「認知力が衰え始める前に発症を予防できる可能性がある。神経回路を再生する力も高く、治療効果も期待できる」と話している。
朝日新聞より 2007.10.23

 ローズマリーに、脳神経細胞の細胞死を防ぐ効果があるとは、たいへん驚きですね。
 アルツハイマー病やパーキンソン病などの予防や治療にも将来、期待が持てますし、医薬品やサプリメントも製造されるみたい。

ローズマリーに限らず他のハーブにも、まだまだ多くの効能が隠れているのではないでしょうか?
ハーブだけでなくエッセンシャルオイルについても、もっと研究して頂ければ、いろんな効果が発見されると思います。近い将来、いろいろ研究が進み、製品が開発されることを期待したいものです。

||ブログランキング・にほんブログ村へ|ブログランキング|ブログランキング|ブログランキング|

スポンサーサイト

Re Comments.

toto tomtoさん
先日はローズについて詳しい記事をありがとうございました。
最近はミクシーばっかなんですか?
時には遊びに来てくださいね~(^_^)v

応援
2007/10/28(Sun) 12:22:17 | URL | maglieさん #-[ Edit.]
『』 
これの簡単な記事俺も読みました。
すごいっすね、将来に期待ですねー^^
俺みたく車椅子になるのも困りことだけどアルツハイマーとかってもしかしたらそれ以上の問題ですしね。
2007/10/28(Sun) 13:29:09 | URL | 小太郎さん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。