スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月23日Fri [19:37] 症状からのビタミン、ミネラル  

ニキビ、吹き出物、口内炎

ビタミンB2不足かも?

ニキビ、吹き出物がよくできる。
口内炎によくなる。
鼻の周りの油が、多く感じる。
そんなに食べないのに太る。
揚げ物が好物。
青魚が嫌い。
レバーが嫌い、食べない。

ビタミンB2/リボフラビン:水溶性ビタミン

《働き(機能)》
細胞の成長・再生を促進。
脂肪代謝に大きく関与(ビタミンB1は糖質代謝に関与)。
皮膚の機能維持。
口腔粘膜の機能維持。


《多く含む食品》
牛乳、乳製品、卵、肝臓、レバー類(牛レバー、鶏レバー、豚レバー)、肉類、ウナギ、酵母、多くの野菜、玄米、胚芽、カラス麦・小麦・トウモロコシは発芽の時期に増加、青魚(サンマ、サバ、イワシ)
、サバ缶詰、イワシ缶詰

比較的に熱に対して安定。
注:
ビタミンB群として、何種類かまとめて摂取したほうがよい。
パントテン酸(同じビタミンB群)と一緒に摂取することで脂質分解を促進。
青魚の脂の乗った部分に多く、皮まで食べると良い。
ミルク中のビタミンB2は殺菌、瓶詰過程で光線にさらされたり、紫外線照射(ビタミンD含量を増加させるために照射)により著しく減少する。
普通の調理法では影響受けない。
あぶる、とろとろ煮る、ぐらぐら煮たりした肉はビタミンB2の70~85%が残存し、残りは汁の中に存在する。

《ビタミンB2欠乏》
皮膚炎、口唇障害、口唇炎(繊細な粘膜に出現する)、口角の亀裂(口角症)、特殊な舌炎(mazenta舌)、顔面の局所性脂漏性皮膚炎、ある種の眼球機能・器質障害
注:
ビタミンB2単独欠乏では発症せず、種々条件が加わった結果により発症する。別の種類の栄養素欠乏との合併が多い。

《ビタミンB2過剰》
水溶性であり通常の目安量を摂取する分には、特に健康被害や副作用は認められない。

ビタミンB2結晶はオレンジ色で、ビタミン剤を補給したときに、尿の色が黄色くなる主な原因。

注:一部医薬品と相互作用の可能性があるため、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、利用すること。

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。