スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年06月29日Thu [19:06] 症状からのビタミン、ミネラル  

高血圧、むくみ、イライラ

カリウムが不足していませんか?

血圧が高い。
むくみやすい、むくみがある。
イライラする。
濃い味付けが好む。
汗かきである。
醤油を多く使う。
下痢を良くする。
海草類を食べない。

カリウム(Potassium)/K:主要ミネラル元素
日本人は不足ぎみ!

《働き(機能)》
ナトリウムとのバランスを調整。
体内の機能調整。
食塩の過剰摂取でナトリウムと共に体外に排泄される。

筋肉や内臓などの細胞内液に存在。
細胞内液の主要陽イオン。
筋肉の活動に必要。
神経や筋肉の機能調節。
骨格筋の麻痺。

ナトリウムに拮抗して血圧を下げる。
分泌および再吸収がほとんど腎臓で行われる。
酸-塩基平衡の維持。
浸透圧や水分保持
腸管より吸収。

《多く含む食品》
海草類、ワカメ、コンブ、メカブ、モズク、サトイモ、ジャガイモ、サツマイモ、キノコ類、シメジ、シイタケ、ナメコ、豆乳、豆の煮物、木綿豆腐、メロン、子ウシ肉、トリ肉、ウシ肝臓、牛肉、豚肉、乾燥アンズ、乾燥モモ、バナナ、オレンジジュース、ミカン、パインアップル、山芋、カボチャ、ブロッコリ、バレイショ、芽キャベツ、
注:
みそ汁:ワカメ
佃煮、おでん、煮物:コンブ
など塩分対策に海藻類を一緒に摂取すると良い。

《カリウムの欠乏症》
ナトリウムとのバランスが崩れ体内の機能調整が働かなくなる。
そのことで高血圧などの生活習慣病となり出現する。
筋肉の脱力、麻痺。
筋肉の緊張低下、弛緩。
心筋(伝導度や収縮)に対する影響がある。
頻脈。
横紋筋の活動度に影響。
食欲不振。
副腎皮質の機能亢進(クッシング症候群、原発性アルドステロン症など)。
カリウム欠乏が長引くと腎臓に障害を起こす。細胞内カリウムの低下で不整脈を起こしやすい。
注:
日本人は塩分の多い食品(漬物、塩辛、佃煮、醤油など)を摂取することが多く、ナトリウム過剰になりやすいためカリウムがナトリウムと一緒に体外に排泄され減少する。
水に溶けやすく、体内から出る水分と共に排泄される。
栄養失調ともなう慢性消耗性疾患で減少。
消化液喪失(下痢、嘔吐など)で減少。
利尿剤でも尿と共に喪失する。

日本人は加工食品が増加しており、ミネラルの摂取不足になりがちである。
 
《カリウムの過剰症》
心臓および中枢神経系の機能低下。
腎疾患、副腎皮質機能不全。
火傷。
高カリウム血症になると心臓では徐脈、心音微弱となり末梢脈管虚脱をおこし、最後に心拍停止起こす。
細胞外カリウム上昇で精神錯乱、四肢脱力感、しびれ、ピリピリ感、呼吸筋が弱くなり四肢の弛緩性麻痺が起こる。

***注意***
通常の食餌成分で健康被害や副作用は認められない。
一部医薬品と相互作用することがあるので、医薬品と併用する場合は主治医に相談の上、摂取すること。

スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。