スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(微量金属)銅の不足では?

立ちくらみがする。
顔色が悪く血色がない。
貧血である。
朝起きられない。
身体がだるい。
階段を昇ると息切れする。

髪の毛や肌に艶がない。
爪の色が悪い。
爪の色がピンク色でなく白っぽい。

よく下痢になる。
生理の量が多い。
妊娠、授乳中である。

レバーは食べない、嫌い。
魚介類は食べない、嫌い。

銅(Copper)/Cu:不可欠微量元素

《働き(機能)》
赤血球内のヘモグロビン合成に関与。
鉄の利用を促進。
貧血の改善・予防。
鉄タンパク合成に必要。
鉄の吸収に関与。
鉄の利用には銅が結合しているタンパク質(セルロプラスミン)が必要。

脂質代謝に関与。
糖代謝に関与。
多くの酵素やタンパク質の構成成分。

造骨作用。
神経系のミエリンの維持。

《効能》
鉄利用促進による貧血予防、関節炎の緩和、高コレステロールの予防

《多く含む食品》
ナッツ、ある種の貝、肝臓、腎臓、乾ブドウ、乾燥豆類、

注:
ビタミンC、有機酸(クエン酸、酢酸など)と一緒に摂取すると、ミネラルの吸収率を上げる。

《銅の欠乏症》
貧血、鉄欠乏性貧血様症状(鉄の利用には銅が結合しているセルロプラスミンが必要)、低色素性小球性貧血、高コレステロール血症、骨や心臓血管系の傷害、Wilson病は銅代謝異常を伴う。

注:
食物に広く分布しており、通常の食餌では欠乏はあまり認められない。
下痢、腸疾患の場合に吸収障害がおこる。
成長期の小児、高齢者、妊婦、授乳中には不足しやすい。
血液の大量喪失で欠乏する。

《銅の過剰症》
銅の沈着
肝臓に多くなると肝硬変を起こす。
腎臓中に蓄積すると尿細管障害を起こす。
高銅血症:微生物による急性・慢性感染症で起こる。

***注意***
通常食品の成分で、特に問題となる健康被害や副作用は認められず安全性は高い。
スポンサーサイト

Re Comments.

『こんばんは!』 
ナッツ、ある種の貝、肝臓、腎臓、乾ブドウ、乾燥豆類ですね!
今日もメモメモしています☆

2006/07/07(Fri) 20:41:37 | URL | YU-KIさん #-[ Edit.]
『Hello』 
TOTOさんお邪魔してます

日本の家族の事でちょっと大変で、
訪問が遅れましたすみません、、

ちょうどマリリンの知り合いが、
朝が起きれなくて大変だと言って
ましたが、、

多分↑の鉄分ナッツやまめ類教え
てあげようポチッ3v-218
v-254

2006/07/10(Mon) 16:11:59 | URL | マリリンさん #-[ Edit.]
『マリリンさん』 
ご家族のこと心配ですね!遠く離れていると直ぐに駆けつけられないので・・・
私も同じです。
2006/07/10(Mon) 20:56:34 | URL | toto tomtomさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。