スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

あろまてらぴー:クベバ (リツェアクベバ 、リトシークベブ)Cubeba(Litsea Cubeba)

学名:Litsea cubeba
樹木系
クスノキ科
種類:樹木
実より抽出
抽出方法:水蒸気蒸留法

《香り》
淡い黄色
爽やかな香り
フルーティーな香り
濃い香りがする
レモンのような香り
レモングラスと比べやや控えめな甘い香り
すこし緩い液体
非常に強い香り

別名:エキゾチックバーベナ、トロピカルバーベナ
(レモンバーベナAloysia triphyllaとは無関係)

レモングラスとの比較
シトラール含有量がほぼ同量
レモングラスの葉と花に香りが似ている
レモングラスと競合的存在
香りはレモングラスのほうが長続きする

ローズウッドやシナモン、ローレルの仲間
シトラール量が最高で85%と多く天然シトラールの原料として使われる
デオドラント剤や石鹸、香水、香料、フレーバーに使われている

《精神面》
非常に気分を高揚してくれる
神経性の緊張
ストレス

《身体面》
気管支炎や喘息
消化不良や腹部の膨張感
高血圧
不整脈の治療に効果
伝染病や公衆衛生

《皮膚とお肌》
ニキビや脂性肌、多汗、皮膚炎
しみや髪に
虫除け

《女性、男性》
穏やかな強壮作用

《作用》
抗うつ作用や刺激作用
健胃作用や消化作用
殺菌作用や消毒作用、消臭作用
殺虫作用
収斂作用
催乳作用や強壮作用
など

《成分》
シトラール:最高で85%
リナロール
ミルセン
リモネン
メチルヘペトン
リナリルアセテート
など

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
フローラル調やウッディー調のエッセンシャルオイルに相性が良い
ローズ
ラベンダー
ローズマリー
プチグレン
バーベナ
ローズウッド
ネロリ
オレンジ
イランイラン
ゼラニウム
ジャスミン
バジル
グアヤクウッド
など

《注意》
人によって感作作用がある

《歴史》
1950年代にリツェアクベバのエッセンシャルオイルがはじめて蒸留された
伝統的医学において根と茎を筋肉痛や頭痛、腰痛などの痛みに使っていた
消化不良や乗り物酔い、月経困難症の治療などに使われていた。

||ブログランキング・にほんブログ村へ|ブログランキング|ブログランキング|

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

はしかが、まだ増えている地域がある 大人のはしか最多

 今年、流行した15歳以上(大人)の「はしか(麻疹)」の累積患者数が、調査開始以来最多となりました。
 また、29歳以下の感染者が8割を占めていたようです。

 ここに来てやっと「はしか(麻疹)」の流行が、やや治まりかけており、3週連続で減少しています。ただ、東京では減少していますが、神奈川や宮城、埼玉などでは、まだ感染者が増えている地域もありますので、油断せず気をつけて下さいね。

今年1月~6月17日
全国約450医療機関
15歳以上(大人)
はしかの累積患者数:573人
 大流行した01年同期の567人を上回り、99年の調査開始以来最多となったことが、国立感染症研究所感染症情報センターの定点調査でわかった。

都道府県別
東京 :199人
神奈川: 78人
宮城 : 58人
埼玉 : 38人
北海道: 17人
千葉 : 14人
などが多く、29歳以下が8割を占めている。
 17日までの1週間の患者数は47人で、3週連続で減少している。東京では減少したが、神奈川、宮城、埼玉など増えている地域もある。
国立感染症研究所感染症情報センター 安井良則主任研究官
 「全国的に報告数はおおむね減少傾向にあり、流行のピークは越えたとみられるが、今後も注意が必要」
朝日新聞より 2007.06.26
||ブログランキング・にほんブログ村へ|ブログランキング|ブログランキング|

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

あろまてらぴー:リナロエ Linaloe

学名:Bursera glabrifolia / Bursera delpechiana
樹木系・樹脂系
カンラン科
種類:灌木
リナロエ ウッド:材木より抽出
リナロエ シード:種子および外皮より抽出(ときに葉と小枝から抽出)
抽出方法:水蒸気蒸留法
リナロエ ウッド:
材木のオイルはメキシコで生産
リナロエ シード:
種子および外皮のオイルはインドで生産

木の樹齢20~30年
材を蒸留する目的で使われる
幹に傷つけ、オイルの生成が促進される
(満月の夜に幹を傷つけと、一番良いオイルが採れると言われる)

《香り》
リナロエ ウッド:淡い黄色
ウッディーな香り
フローラル調の香り
甘い香り
ローズウッドに似た香り

リナロエ シード:無色
ウッドオイルよりもきつい香り
テルペン臭のある香り

テルペン【Terpen】:
分子構造中にイソプレンを基本骨格としてもつ天然有機化合物の総称。精油の主成分。多く油状で芳香があり、香料の原料にする。樟脳・ピネン・メントールなど。大辞泉より
植物精油の主成分。イソプレンが重合した骨格(C5H8)n をもつ炭化水素およびその誘導体の総称。樟脳(しようのう)・メントール・ビタミン A など。香料・医薬品などの原料にする。テルペノイド。大辞林より

《精神面》
ストレス
神経の緊張
気分が滅入る
精神的に疲れ
気持ちを前向きする
気持ちを高揚させる
元気にしてくれる

《身体面》
にきびや切り傷、皮膚炎、傷

《皮膚とお肌》
いろんなお肌に合う
にきびや切り傷、皮膚炎、傷

《女性、男性》
穏やかな強壮作用

《作用》
抗炎症作用
消毒作用や殺菌作用
消臭作用
鎮痙作用

穏やかな強壮作用

《成分》
リナロエ ウッド:
リナロール(主要成分)
酢酸リナリル(一部)

リナロエ シード:
酢酸リナリル(主要成分)
リナロール(一部)

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
ウッディー調やフローラル調のエッセンシャルオイルとのブレンドに良い
ローズウッド
ローズ
シダーウッド
サンダルウッド(白檀)
フランキンセンス(乳香)
など

《注意》
特にない

《歴史》
インド
シードオイル;インディアンラべンダーオイルで有名
マイソール地方特産の香水原料や石鹸に用いられる
インド以外ではほとんど見かけられないと言われる

メキシコ
オイルの含有成分がローズウッドと似ている
ローズウッドのように使われる

||ブログランキング・にほんブログ村へ|ブログランキング|ブログランキング|

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年06月18日Mon [06:51] ビタミン(Vitamin)  

ビタミン

ビタミン

<脂溶性ビタミン>
ビタミンA:皮膚や眼の健康維持。目の潤いを保持 活性酸素を除去

ビタミンD:カルシウムの吸収、筋肉の収縮を助け、痙攣などを防ぐ

ビタミンE:肌荒れ、老化予防、抗酸化作用、活性酸素を除去。肩こり、冷え予防、血液をサラサラにする

ビタミンK:止血作用。骨の石灰化を助ける

<水溶性ビタミン>
ビタミンB1:疲労の回復 ニキビ、口内炎予防

ビタミンB2:お肌の健康保持 ニキビ、口内炎予防。脂っぽい皮膚の抑制

ビタミンB6:中枢神経の働きを維持

ビタミンB12:赤血球の生成を助け、貧血を予防 腰痛・肩こりを緩和

ビタミンC:コラーゲンの生成を助けハリのある肌を保持 シミ・ソバカス予防 ストレス解消、風邪予防活性酸素を除去

ナイアシン:アセトアルデヒドを分解し二日酔い予防・緩和

パントテン酸:ストレスへの抵抗力を高める。ビタミンCの働きを助け、お肌の健康保持

ビオチン:アトピー性皮膚炎を緩和。お肌や髪を健康保持

葉酸:赤血球の生成を助け、貧血を予防
||ブログランキング・にほんブログ村へ|ブログランキング|ブログランキング|

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

成人の「はしか(麻疹)」さらに増加

 成人(15歳以上)の「はしか(麻疹)」の勢いが増しており、まだまだ治まりません。終息に向かうどころか、感染の拡大を続けております。
 関東から始まった「はしか(麻疹)」の流行が、東北や北海道、近畿、中部、中国などに拡大を続けています。

 成人の「はしか(麻疹)」の患者が全国規模での拡がりが続いており、過去最多をさらに上回ったようです。15歳未満の患者でも小児科からの報告によると増加しています。

 修学旅行のシーズンで、持ち帰りに気をつけてと言ってますが、気の付けようがないですよね。修学旅行は学校行事で休めないし、みんな楽しみにしてきたでしょう。
 何か対策を示して欲しいですよね。修学旅行の予定のある学校は、生徒全員の「はしか(麻疹)」に対する抗体価を調べ、抗体の無い学生にはワクチン接種を行うとか・・・。

 それも難しい状況になっているようですね。抗体価を検査するにも、麻疹抗体検査の依頼が急激に増加したため、試薬が不足してしまい抗体検査が出来ない状態になっている。また、抗体検査がてきて、抗体が無いと分かりワクチン接種をしようにも、そのワクチンが十分足りていないようです。このような状況から、気を付けて下さいとしか言えないのでしょうか?


国立感染症研究所感染症情報センター(東京都)
先月21~27日
 成人(15歳以上)のはしかの患者報告数が82人となり、過去最多だった前週の68人をさらに上回ったと発表。
定点観測の全国450医療機関 受診患者まとめ
都道府県別
東京 :23人
宮城 :15人
神奈川:10人
埼玉 : 8人
北海道: 4人
岩手 : 3人
山形 : 3人
和歌山: 3人
で関東中心の流行から、北海道や東北、近畿地方にも広がりをみせている。
 同じ週に全国約3000医療機関の小児科から報告があった15歳未満の患者も215人で、前週の210人から増えた。

安井良則主任研究官 国立感染症研究所感染症情報センター(東京都)
 「修学旅行シーズンで、流行地域の首都圏を訪れた学生が地元に持ち帰る可能性もあるので気をつけてほしい」と話している。
朝日新聞より 2007.06.05

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年05月29日Tue [19:12] ストレス  

医師過労自殺、病院に賠償命令 大阪地裁

 医師の過労自殺に損害賠償が認められたのは、たいへん珍しいようです。勤務医の過労自殺をめぐって労災認定された例はあるが、損害賠償を認めたのは初めてでは。ということです。

 これからは、医師の過労死が増加するのでしょうね。いや、医師に限らず、他の医療従事者の過労死も増加しそうです。
 それくらい、政府・厚生労働省の医療費抑制策による締め付けによって、医療現場がたいへんな事になって来ています。医療従事者は、皆さん過労状態のようです。

医師過労自殺、病院に賠償命令 大阪地裁判決
 愛媛県新居浜市の十全総合病院に勤務していた麻酔科医の女性(当時28)が自殺したのは、うつ病発症後に病院が適切な処置を怠っためとして、近畿地方に住む両親が病院側に約1億8700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁の大島真一裁判長は、業務と自殺との因果関係を認め、慰謝料など約7600万円の支払いを病院側に命じた。

 両親側の弁護士は「勤務医の過労自殺をめぐって労災認定された例はあるが、損害賠償を認めたのは初めてではないか」としている。
 判決によると、女性は2002年1月から同病院に勤務。03年8月に抗うつ剤の服用を始め、04年1月5日に自殺を予告するメモを残して失跡したが、翌日に職場復帰した後も当直を含め従来通り勤務し、同月13日に自殺した。

大島裁判長
 うつ病の発症について、既往症の影響も指摘したが、「女性が失跡し自殺の危険性が顕在化した後も病院が業務を減らすなどの措置を取らず安全配慮義務を怠った」と認定した。
 父親は「過労自殺が認められうれしい。悲惨な事件が繰り返されないよう、医師の労働環境の改善を願う」と話した。

病院側弁護士の話
 判決は納得できない。検討して控訴するか決める。
日経新聞より 2007.05.29




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

あろまてらぴー:ユーカリ(ブロードリーフ ペパーミント ユーカリ/ダイブス) Broad-Leaved Peppermint Eucalyptus
学名:Eucalyptus dives var. Type


柑橘系
フトモモ科
葉と小枝より抽出

《香り》
爽やかな香り
カンファー様の香り
スパイス調の香り
ミント調の香り

主要成分割合によりA・B・Cの3等級がある
Eucalyptus dives var. C:シネオールを多く含む
Eucalyptus dives var. dives:ピペトリンを多く含む
Eucalyptus radiata:ラディアタ種
など外見が良く似た種類がある

ピペトリンが多いオイルは溶剤として、チモールやメントールを生産に利用されている
最近、消臭剤や消毒薬、うがい薬、マウスウォッシュに使われている
獣医用以外の薬用として使われることは少ない
アロマセラピーで稀に使われることがる

《精神面》
神経疲労
疲れが溜っている

《身体面》
喘息や気管支炎、カタル症状
咳やのどの炎症、口内炎
風邪やインフルエンザ、伝染病、熱
筋肉痛や捻挫、関節炎、リューマチ
頭痛や神経痛、坐骨神経痛

《皮膚とお肌》
怪我や切り傷、擦り傷、潰瘍など

《女性、男性》

《作用》
鎮痛作用や鎮痙作用、鎮静作用、抗神経痛作用
解熱作用やうっ血防止作用、瘢痕形成作用、浄血作用、血糖値低下作用、抗リューマチ作用
消毒作用や殺寄生虫作用、抗ウィルス作用、駆虫作用
消臭作用や利尿作用、去痰作用、
発赤作用や刺激作用

《成分》
ピペトリン  :40~50%
フェランドレン:20~30%
カンフェーン
シメーン
テルピネン
ツジョン
など

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
ローズマリー
ラベンダー
マジョラム
レモン
レモンバーム(メリッサ)
レモングラス
ジュニパー
コリアンダー
タイム
パイン
シダーウッド
ベンゾイン(安息香)
など

《注意》
高濃度で刺激性があり必ず希釈して使うこと
内服は毒性があるので使用不可
ホメオパシー療法との併用不可

《歴史》
オーストラリア
アボリジニは葉を燃やし解熱に使った

サノフロール エッセンシャルオイル ユーカリグロブルスサノフロール エッセンシャルオイル ユーカリグロブルスサノフロール エッセンシャルオイル ユーカリ(ラジアタ)サノフロール エッセンシャルオイル ユーカリ(ラジアタ)
ユーカリプタスエッセンシャルオイル 100mlユーカリプタスエッセンシャルオイル 100mlプラナロム ユーカリ・ラディアタ 10mlプラナロム ユーカリ・ラディアタ 10ml
Herbal Life ユーカリ・ラディアータ 10mlHerbal Life ユーカリ・ラディアータ 10mlPalm Tree ユーカリプタス 5mlPalm Tree ユーカリプタス 5ml
GAIA オーガニック ユーカリ ラディアータ 5ml
GAIA オーガニック ユーカリ グロブルス 5ml

LANDEL ユーカリ 12mlカリス 5mlオイル ユーカリ
天の香り ユーカリ・グロブルスbio
カルペパー エッセンシャルオイル ユーカリグロブロス 10ml
コーラルムーン ユーカリ(ラジアダ) 12ml
生活の木 アロマ入門セット 検定2級対応生活の木 アロマ入門セット 検定2級対応



ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング 

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

あろまてらぴー:スペアミント Spearmint
学名:Mentha spicata


ハーブ系(ハーバル系)
シソ科
花序より抽出

《香り》
温かい感じの香り
スパイシーな香り
ハーブらしい香り
ミントの香り

ミントの仲間
世界中で料理用のハーブとして使われている
ハーブティーも美味しい
石鹸やコロンの香料、いろいろな食品類に使われている

ミントというのは大変交雑しやすい植物で非常に種類が多い
種類が600種以上もある

アメリカ
カーリーミントM. spicata var. crispaがスペアミントとしてよく見られる
ロシア
M. verticillataがスペアミントとして売られていることがある

《精神面》
疲労
ストレス
神経性の緊張
神経衰弱

《身体面》
鼻炎や気管支炎、喘息、カタル症状
頭痛や偏頭痛
風邪やインフルエンザ、熱
吐き気や嘔吐、消化不良、腹部の膨張感、疝痛
肝臓機能不全

《皮膚とお肌》
ニキビや皮膚炎、皮膚の充血

《女性、男性》

《作用》
局所麻酔作用や消毒作用、収斂作用、
頭部疾患の回復作用や制吐作用、胆汁排出促進作用
鎮痙作用や神経鎮静作用、刺激作用
強壮作用や解熱作用
鬱血防止作用、消化作用、
去痰作用や駆風作用
健胃作用、利肝作用、利尿作用

《成分》
L-カルボン:50~70%
シネオール
リナロール
メントン
メントール
ジヒドロカルボン
フェランドレン
リモネン
プレゴン
ピネン
など

《ブレンドに良いエッセンシャルオイル》
ペパーミント
ユーカリ
ローズマリー
ラベンダー
ラバンディン
バジル
ジャスミン
など

《注意》
ホメオパシー療法とは併用は不可
ペパーミントと比べると少し弱く、子供にこちらの方が適している
毒性等は特にはない

《歴史》
古代ギリシャ
回復薬や入浴の香り付けなどで使われいた

カルペパー エッセンシャルオイル スペアミント 10mlカルペパー エッセンシャルオイル スペアミント 10ml
クロス スペアミントクロス スペアミント




ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングブログランキング 

ジャンル:ヘルス・ダイエット |テーマ:健康、美容、ダイエット
Comment:0 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑


    タイピング・ブロック オセロゲーム ケンコーコム 春の快適生活特集





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。